「お早めにお召し上がり下さい」の「お早め」とは?

163789
乳製品やお菓子のパッケージにはよく開封後はお早めにお召し上がりくださいという注意書きが書いてありますよね。

このお早めとは一体どれくらいの時間を指すのでしょうか?

菓子メーカーなどによると、
保存状態や季節によって美味しく食べる期間は異なるので具体的な期間は示しにくくケースバイケースになるということです。

寒い季節なら数日間保存できるものでも、夏場常温でほうっておくと数時間で味が損なわれたり香りが逃げるげる場合もあるためなのです。

お早めにという注意書きは、状況に応じて臨機応変にお召し上がりくださいという意味とらえるのが正確のようです。

肉料理にパセリが添えられているのはなぜ?

ステーキやハンバーグなどの肉料理を注文すると
パセリやクレソンが添えられてくますよね。

なぜパセリやクレソンは肉料理につきものなのでしょうか。

それは、パセリやクレソンに含まれる、
緑色の色素、クロロフィルが口直しや口臭予防の役割を果たすからなのです。

確かにこれらの香りの強い野菜を口に含むと、肉料理でこってりした口の中がさっぱりし後味が良くなりますよね


彩りのためにパセリやクレソンを添えるという意味もありますが、
単なる彩りなら、ほうれん草やレタスでも事足りますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする