両親の介助・看護に忙しい…心的負担を溜めないメソッドとは

介助と看護が不可欠となる状況として、例えば脳梗塞ですとか痴呆症といった病気、そして転倒による怪我が考えられます。

何の準備もない内に唐突に介助・看護の現実と直面する事も多々あり、戸惑う事も多いのではないでしょうか。

この様な時は関係部署へ相談してみる事で処置するのが良いでしょう。

あなた自身がケア問題と向き合う時、最初にその道の専門家によるアドバイスを求めるように留意しましょう。

専任の相談役等がいないケースでは、各市町村公設の介護予防支援事業所を活用してみましょう。

これは公共サービスなので、無料で相談可能です。行政以外にもケア業務に加わる企業が増加しつつあります。

そして、保険が適用されるサービスだけでなく、食事の配達あるいは家政のサポートの様なプラスアルファのサービスまで、じつに様々なケースにフィットしたプログラムができています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする